fc2ブログ

記事一覧

GoToトラベル5回 2ヶ月で箱根と長野2回京都2回のまとめ

7月末から前倒しで始まったGoToトラベル。
コロナは第二波だわ手続きは分かりづらいわでまるで縁のないイベントと思っていたら、
タイトルの通り2ヶ月で5回も使いました。手続きは女房任せです。サンキューマイワイフ
代わりに車の運転は全て自分で、女房には飲酒ドライブを満喫してもらいました

最初こそ「コロナかかったらどう言い訳しようね」だったんですが、
割と突発旅行が好きな2人なので、お得さが分かるとポンポン旅に出ました。
基本である3密の対策と定期的な消毒だけしっかりすれば大丈夫そうだねと分かると抵抗感はなし
空いている観光地を楽しめた2ヶ月だったと思います。

もう10月から東京のGoToが解禁され、おそらく人手は完全に戻り旅行の頻度は減ると思いますので、
ここらで一旦自分用にまとめちゃおうと思ったのでここに残します

●1回目
7月末 箱根→箱根→御殿場(雲と雨の予想外のGoTo適用)
初回はGoTo関係なく普通に旅をしようと予定していたところにGoToが被ってきて適用になりました
が、記事時点ではまだこの分だけGoToが申請中のままです…

最初は箱根温泉。温泉旅が最近の流行なので、GoToの行き先は半分くらい温泉地です
まずは箱根峠の前に手前のスカイウォークに向かうんですが、
既に駐車場が渋滞してるんですけど!コロナ禍ってなんだよ!
スカイウォークには有名な長い吊橋がある、というか皆の目当てはここ
で、渡るチケットに特典でついてくるソフトクリームの割引券を使うため、対象店で大行列が出来ていました
あえては言わんが...自分らはスルーしておきます

チケットも結構並んでいましたが10分くらいで買えました
橋とそこからの眺めはいいもんです。曇りでも裾野の街辺りまで眺められます
IMG_2352_R3.jpgIMG_2357_R3.jpg

対岸は土産物屋やフクロウふれあいができたり、レンタルバギーがあったりと雑多な感じ
屋台もいくつかありました。ただコンセプトが行方不明でちぐはぐな感じがしたので特に回らず帰る
新しい施設あるあるだね。バギーの店とフクロウのお店だけ残ってくれないかな
IMG_2363_R3.jpg

横のスライドしている人達を見ながら渡ります。腰が引けちゃう人が止まったりしている
あとはカレーを食べて帰りました。
渡ってみた感じとしては吊り橋の風景の良さが全てで、印象の良し悪しはそれ次第といった風です
次来るならスライド遊びかなーと思うけど、自分は何かのついで以外に来る予定はありません
IMG_2376_R3.jpgIMG_2380_R3.jpgIMG_2386_R3.jpg

あとは箱根でスカイライン2本通って強羅の温泉宿へ。ザ・高原ドライブでした!曇ってたけど
宿は6月から予約していたのでGoToする気はなかったのだけど、思わぬ前倒しで適用になりました

箱根登山鉄道の終点、箱根登山ケーブルカー起点の強羅は坂というか斜面のど真ん中と言った立地で、
強羅駅の東あたりは15%超かという勢いの強烈な谷です
近くのデイリーヤマザキすら坂の上。
そんな坂だらけの中のお宿なので眺めはよく、箱根大文字焼きの見える立地。
まあそれよりも露天や家族風呂があったりご飯が美味しい方で選んでくれていました。めしうまー!
IMG_2388_R3.jpgIMG_2391_R3.jpgIMG_2392_R3.jpgIMG_2394_R3.jpgIMG_2397_R3.jpg

2日目はケーブルカー・ロープウェイ・海賊船の乗り物遊覧づくし。
まずケーブルカー、確か登山鉄道が復旧してすぐの頃ですが乗客はまばらでした
ケーブル⇔ロープウェイ乗換駅の早雲山駅は新しい造りで、露天の展望台は足湯になっていました
IMG_2399_R3.jpgIMG_2402_R3.jpgIMG_2404_R3.jpg

その後大涌谷で一旦降りるも雲の中。
その後は海賊船に乗ったりで芦ノ湖を渡ります
IMG_2413_R3.jpgIMG_2416_R3.jpg

海賊船を降りたら歩いて箱根関所を通りまして箱根神社へ。関所は人まばらでしたが神社が人多かった
正直、関所が一番楽しめたかもしれない。が、神社周りは店多くてあちこち寄れるのが強かったな
IMG_2426_R3.jpgIMG_2434_R3.jpgIMG_2439_R3.jpg

あとは再び海賊船→ロープウェイ・ケーブルカーで帰りました
結構雲が上がっていたのでマシに景色が見れました
2泊目も同じお宿で美味しいご飯を頂いたのでした
IMG_2448_R3.jpgIMG_2454_R3.jpgIMG_2471_R3.jpg

3日目はさすがに箱根を出ました。途中でお肉屋さんや喫茶に寄るなど
R138で富士山見えるかなーと思ったら見事に曇りな上に見せたい女房は疲れて寝ている!
そんな感じで雨の中御殿場アウトレットモールに到着。あれこれ買いながらごはん
静岡のソウルフード、さわやかがあったんですが待ち時間が6時間越え、そもそも受付が終了していました
箱根がとにかく遊びがいのある一帯で楽しかったです。登山も箱根山に大文字山など沢山
今回は雨だったけど、箱根自体はまた来たいと思えるところでした
IMG_2480_R3.jpgIMG_2478_R3.jpgIMG_2479_R3.jpg

●2回目
8月末・京都で合流サイクリング R421石榑峠旧道経由

もう書きましたが、前回たまたま適用になった箱根のお宿とは違い、
京都行きは初めからGoToを当てにした旅行です
女房は仕事→電車で、自分は朝から自転車でそれぞれ京都へ向かったのですが…8月末のザ・猛暑!
岡崎~名古屋~桑名経由で西に向かい、スローパンクに悩まされながらも琵琶湖方面を目指しますが
平地で開けて日陰のないR421三重県側で直射日光を浴び続け、石榑トンネルで既に熱中症に
IMG_3181_R3.jpgIMG_3320_R3.jpg

R421旧道は根性で登るだけした感じでも肝心のコンクリートブロック間の激坂だけは登りきりましたが、
サブ目標の竜ヶ岳は1/3も登らない辺りで水切れ体力切れであえなくリタイア。景色は良かったよー
IMG_3416_R3.jpgIMG_3444_R3.jpgIMG_3445_R3.jpgIMG_3487_R3.jpg

滋賀県側は渓谷で涼しい&眺めの良い所が多くて、真夏でも何とかなりました
R421を完走してからはそのまま京都に伸びているR8&R1で水をぶっかぶりながら走行
逢坂超えと東山トンネルで山越えをさせられながら京都駅へ到着してホテルでバタンしましたとさ
IMG_3519_R3.jpgIMG_3524_R3.jpgIMG_3615_R3.jpgIMG_3641_R3.jpg

2日目は日曜日の市バス100番がガラ空きという、
奇跡の空きっぷりを生かして清水~八坂周りのいつもなら混雑でストレスしか感じないところを快適に観光
カフェでまったりしながら京都を観光してきました
IMG_3682_R3.jpgIMG_3696_R3.jpgIMG_3704_R3.jpg

●3回目
9月中旬 長野・阿智村 昼神温泉


GoToの時期に温泉宿を試したいという女房からのたっての希望です
R153の治部坂峠を長野側へ降りきった辺りでR256へ西進すると着く温泉街です。
お酒は平谷の道の駅向かいに酒屋があったので調達
昼神温泉はコンビニはあるけどスーパーがなかったので小物をちょいちょい東のピアで調達
1回自転車で走っていると地の利が活かせて対応しやすいね!
お部屋は普通の和室、Wifiないのはまあいいやって感じ。ごはんは美味しかった
小さなゲームコーナーには謎のでっかいじゃんけんマシンがありました
泉質はぬるっとする感じの超アルカリ性温泉、日本屈指の美人の湯だそうで、
女房が泉質が合ったと大喜びだったのがとても良かったです
IMG_3871_R3.jpgIMG_3872_R3.jpg

夕食前のお話。
温泉が主目的ですが、日が暮れる前に周辺の散策をしようと自由行動の1時間を有効活用しようと企みます
阿知川のいい景色。
近くにふれあいロードというハイキングコースがありましたので、行けるだけ行ってみます
IMG_3890_R3.jpgIMG_3891_R3.jpg

おんだし(恩出し)坂から始まります。全体的に勾配は高め
一旦下ったりして、ハイキングコースで定期的にある看板を見ながら第2ラウンド。
トレランはきっついのでこの後のへんで歩き始める
IMG_3894_R3.jpgIMG_3897_R3.jpg

ふと、登り中に建物を見つけました。ちさとEAST…だと!?
我が家の元覇権おつまみ(今はカロリー気にせず食べられるポテチ)、もうたま卵の製造元です
ここに会社を構えているという事は間違いなく昼神温泉の朝市にも顔を出すということじゃん、アツい!
(実際それらしきバンが停車していた)
IMG_3906_R3.jpg

中央道をくぐりながら分かれ道を展望台へ進みます。
まあ舗装されているのでわかりやすい…かと思いきや、すぐ後にダートになります
IMG_3911_R3.jpgIMG_3916_R3.jpg

早足くらいのペースで15分で展望台へ到着。
展望台からは真東を見ているので、水晶山の辺りを見ているのかな
IMG_3920_R3.jpgIMG_3924_R3.jpgIMG_3925_R3.jpg

本来はぐるりと一周するのがハイキングコースですが、時間の都合上ピストンで帰ります
中央道からの夕焼けもいい景色だったよ。全体的に急勾配の下りは眺めが良いね
そんなわけでごはん前の一運動をしてゆっくり夕ご飯と温泉を満喫したのでした
IMG_3926_R3.jpgIMG_3936_R3.jpgIMG_3941_R3.jpgIMG_3948_R3.jpg

・2日目


2日目は昼神温泉を出たら妻籠宿へ。
古くからの歴史ある風景がギュッと詰まっていて歩いているだけで時代を感じられます
仕方のない事なんだけどお土産がことごとく木!木!木!だったのでもうちょっとバリエーションあればなと
それ以外は歴史情緒たっぷりで素晴らしい所でした。
ごはん屋も古い宿の再利用っぽく、雰囲気でご飯が食べられる良さでした
IMG_3972_R3.jpgIMG_3976_R3.jpgIMG_3980_R3.jpgIMG_3992_R3.jpg

せっかくなので資料館も見てきました。明治に陛下が宿泊されたそうで、当時のあれこれを説明されるなど
その後に妻籠宿の本陣に入れたりして、なかなかに楽しいコースでした
IMG_4001_R3.jpgIMG_3991_R3.jpg

その後は馬籠宿を通りながら恵那峡、の展望台から景色を眺めながら多治見へ。
天ぷらがサクサクふわふわでめちゃ美味しいうどん屋さん(す奈は)を再訪してきました!
うどんもレベルが高いのだけどやはり天ぷらが絶品すぎる。近くを通ったら必ず寄りたいなあ
そんな感じで中山道周りをあちこち寄ってきた旅なのでした
IMG_4010_R3.jpgIMG_4013_R3.jpgIMG_4014_R3.jpg

ちなみにお土産の馬刺しとおやきが超当たりでした。
共に昼神温泉で買ったものですが、この体験が次回に影響することになります

●4回目
9月下旬初め・蓼科湖~ビーナスライン(北八ヶ岳坪庭経由)~諏訪湖
諏訪湖に行きたかったのですがビーナスラインに主役を奪われた感があります
まあビーナスラインは全国級の絶景やし、しゃーないな…

この頃になると皆GoToの魅力に逆らえないようで利用者が増えているみたい。
諏訪の近辺で宿を取ろうとしたらめぼしい所が見つからないという事態に。
仕方ないので候補地を広げ、ややマイナーな蓼科湖へ向かいます
丁度ルノーくんを再組み立てした後くらいの時期です

・1日目
まずは諏訪湖に。サックリと中央道を利用
ただし上記の昼神温泉を通りますので一旦園原で降りて寄り道をしています
1人でもその後2人でも旅をしたけど、諏訪は何度来てもいいとこじゃんよー!
IMG_4137_R3b.jpgIMG_4139_R3.jpg

諏訪で定番のハルピンラーメンでジューシーな餃子とともにラーメンを楽しみますが、
女房が食べすぎて若干グロッキー。しばらく休みながらお宿へ向かいます
IMG_4143_R3.jpg

R152→ビーナスラインを少し走って宿へ着きました。六畳一間で寝るだけの部屋なら問題なし
ペンションかロッジの延長と言った風の宿で、トイレは別で水なども共有。
コップなんかは使い捨てで、そういう所はちゃんと配慮してくれていました
宿に着いたら昼神温泉で買った馬刺しを肴に、2人で飲めや喰らえやでやんややんや!
9月下旬で下界はまだ残暑の時期ですが、こちらは標高1200m越えで暑さどころか若干寒い
なんせこの宿、冷房が未設置で扇風機しかないのです。空気は涼しいだろうよ
お風呂は別棟。本格的に酒を飲む前に入り、飲み食いの後は快適に布団で寝られました。
IMG_4145_R3.jpgIMG_4146_R3.jpg


・2日目

翌朝。お宿を撮影
左の建物がお風呂で右の画面外隣にキャンプ場があります
建物は古めで最低限の設備でしかありませんでしたがお値段が安く気配りがそこそこ効いており、
不思議と悪い印象はありませんでした。
朝の蓼科湖を撮ったら出発します
IMG_4151_R3.jpgIMG_4153_R3.jpg

途中で道の駅ビーナスライン蓼科湖が朝からやっていたので通りながら。
野菜やお菓子をガッツリ買い込んだりして、一旦ビーナスラインを離れて坂をひたすら登ります
IMG_4160_R3b.jpg

北八ヶ岳ロープウェイです!…が、なんだこのドイツ村というかアルプス真似っ子風の建物
まあスルーして、9月下旬にしたってここの時点で結構寒いです
今日は冷え込み気味で標高1771mのここもかなり冷えていましたが、2237mの山頂駅は7℃予報
うん、ちょっと山の気温ナメてたね?速攻で上着を買います
ロープウェイはコロナの影響で減便…をするまでもなく人が15人/台程度しかいませんので、普通に乗ります
IMG_4164_R3.jpgIMG_4175_R3.jpgIMG_4177_R3.jpg

ロープウェイでは高原の枯れ木などを見ながら山頂駅へ。坪庭です!
うへえガチの登山客しかいない
普通に寒いですが遊歩道程度なら周れそうだったので、とりあえずハイキングをすることにしました。
まずは横岳神社に行きましたが、ごく普通に御柱がある辺り諏訪と八坂様の一帯の雰囲気を感じました
IMG_4184_R3.jpgIMG_4189_R3.jpg

標高2000m以上でいきなり動くと本気で息切れが早いです。
そもそも下の1771mも滞在時間が短い。酸素をくれえー
でも休憩という事を全くしない夫婦なので、一定のペースでのんびりと歩き続けています
IMG_4193_R3.jpgIMG_4197_R3.jpg

遊歩道は観光者用に特化させたのか、かなりしっかりと整備がされています。
独特な火山の岩山のような風景と植生、強風からの雲の速さに驚きながら進んでいます
這うように生えるからハイマツっていうのかな…
第2休憩所を過ぎた辺りから北横岳などへの分岐、その後は小さく周って第三休憩所。
IMG_4214_R3.jpgIMG_4223_R3.jpg

第三休憩所を過ぎたら下りながら雨池峠への遊歩道に合流しまして。
ここまで来ると高所にも慣れ、風も弱くなって寒さも和らいだので無事戻れたのでした
ロープウェイを待つ間にカフェしたり展望台に行ったりして降りました
IMG_4239_R3.jpgIMG_4246_R3.jpgIMG_4256_R3.jpgIMG_4269_R3.jpg

ロープウェイで山を体感したらビーナスラインをひた走り。
しばらくは林の中でしたが、白樺湖を越えて西に行くたびに景色が開けてくる!
思わず展望台で写真撮影をしていました
IMG_4287_R3.jpgIMG_4290_R3.jpg

白樺湖。池の平ホテルのCMが聞こえてくる
丸一日潰せる湖です。スキーヤーは西の車山がもっぱらメインだとは思うが
車山一帯の絶景は寝てる子も起こせるくらいの大パノラマでした。
IMG_4291_R3.jpg

そうこうしている内に霧ヶ峰に到着。あのエアコンの空気です
ただただ高原の広がる別世界と言った感じで、とても良いところでした
サイクリングに来る人も多かったな、皆車載だったけど。
ここから北がビーナスラインの続きですが今回の目的は実は諏訪湖ですので、
霧ヶ峰からは南西へ、県道40号の方で-15%も見ながら下っていきました
IMG_4298_R3.jpgIMG_4301_R3b.jpgIMG_4308_R3.jpg

諏訪湖に下りたらお昼ごはん。下りたゆーてもまだ標高750m以上あるけど
ロープウェイにビーナスラインでスケジュールはかなりタイトでしたが、
なんとかダックツアーは間に合いました
前回2人で来た時は真冬でツアーはやっていなかったため、今度こそ乗りに来たというわけです
IMG_4310_R3.jpgIMG_4315_R3.jpgIMG_4335_R3.jpgIMG_4316_R3.jpg
IMG_4327_R3.jpg

ダックツアーは前回と違い、商店街は通らず高島城跡に直行するルートになっていました
茅野~諏訪を堪能しきったら最後はまた中央道に乗って帰りましたとさ
IMG_4339_R3.jpg

●5回め 9月末・京都嵐山

ラストは女房のお友達とも一緒に京都で遊びました!
大阪の方ですが、京都は近すぎてあまり行かないので一緒に、とのこと
女性2:男性1の旅は若い頃に妹2人の面倒見で慣れています
今回は女房がお友達と前日から遊んでいたため、普通に電車で合流しに行きました
観光地での人出もほぼ戻っていたため、GoToでは最後の旅行です

京都は期間中2回め、前回は王道の清水~祇園でしたが今回もこれまた王道のルート、嵐山のトロッコです
滑り込みでチケット買いに行ったらなんとか往復券の席が確保できたレベルの人手。
IMG_4363_R3.jpgIMG_4365_R3.jpg

記念写真も撮りながら行きはまったり。写真撮影は戻りでやりました
IMG_4369_R3.jpg

トロッコ亀岡駅近くの請田神社からひたすら大堰川→桂川と下っていくルートです
山陽本線と何度か交差したかな。
トロッコならではのスロー感と景色のダイレクト感がたまりません
IMG_4378_R3.jpgIMG_4381_R3.jpgIMG_4394_R3.jpgIMG_4415_R3.jpg

トロッコ保津峡駅。保津峡観光の起点としては優秀な駅です
保津峡から先、トロッコは川の対岸へ渡ります。
両岸を渡るので景色も両方から楽しんで欲しいのか、往復きっぷを買うと対岸の席を用意されます
IMG_4426_R3.jpgIMG_4442_R3.jpg

そんなわけでトロッコ嵐山駅。
終点はトロッコ嵯峨駅なんですが、これまた王道を往くためここで降ります
電車がわざわざ長時間停まってくれたもんだからみんな撮影で忙しそうでした
駅からの先は…嵐山の竹林です!
IMG_4463_R3.jpgIMG_4466_R3.jpgIMG_4477_R3.jpg

その前に御髪神社。珍しい髪に関する神社さんです
足神神社といい最近尖った神社に縁があるのか?蓮の葉っぱがフサフサでした
東海自然歩道の立て札が紅葉仕様になっていました
IMG_4487_R3.jpgIMG_4485_R3.jpgIMG_4490_R3.jpg

少し登ったら竹林へ突入です!
人出は6割位、外人だらけだった異常時からは4割位か
さすがにもう秋に入れば人多めでガラガラではないものの、不自由しないで観光できるのはまだいい感じ
人出さえ酷くなけりゃいいとこなんです、京都。そこんとこが難しいね
IMG_4492_R3.jpgIMG_4496_R3.jpgIMG_4504_R3.jpg

竹林を堪能したらそのまま嵐山の商店街でご飯や買い物をして回ります。
商店街はかなり活気があり人出8割ほど。ぶらぶら歩くのはみんな好きなんやね
渡月橋を渡って南側も見てきました
IMG_4523_R3.jpgIMG_4530_R3.jpgIMG_4540_R3.jpgIMG_4547_R3.jpg

渡月橋から戻る辺りで自分のブーツの靴底が剥がれかけていたので、
瞬間接着剤で養生しながら嵐電嵐山駅で休憩します。女性陣はキャッキャと酒を飲みに…
合流したら嵐山駅の屋上が特別に開放されているそうで、そのチケットを確保してきてくれていました
駅のお店で買物をしたらもらえたとのこと。ありがたく一緒に登ります
IMG_4560_R3.jpgIMG_4561_R3.jpg

エレベーターでまず屋内ギャラリーへ、立派なジオラマがいくつもありました
その後屋上へ出たらとてもいい眺め!
正面の大文字山を背景に色んな電車が行き来するのを眺められるというシチュエーション
マニアにはたまらないだろうなあと思ったら巨大なレンズを付けたカメラをお持ちの方が何名も…
ここでゆっくりしたら解散となり、京都駅へ2人で宿へ泊まりに行きました
IMG_4565_R3.jpgIMG_4573_R3.jpgIMG_4581_R3.jpg

・2日目

京都駅目前のホテルからおはようございます。新阪急ホテルに泊まっていました
外見は古い感じですが中身は最新に刷新されおり、バスルームの水の勢いが良いなどめちゃ使いやすかった!
この夫婦は蓼科湖みたいなパターンを除けば基本的にツインしか取らないので他の部屋は知らんけど
IMG_4587_R3.jpg

朝ごはんは下の和風か上の洋風か選ぶ感じ。
和風は京らしい和御膳にお粥があったり、洋風はパンにオムレツ等。量多めだが普通のブレックファースト
自分は洋風だったけど、コロナ前はバイキング形式だったんだろうなあという感じでした
IMG_4588_R3.jpgIMG_4589_R3.jpg

2日目は宇治にやってきました。大分人出が戻っていたので郊外で遊びます
宇治に来たなら勿論向かうのは平等院です
IMG_4594_R3.jpgIMG_4601_R3.jpg

曇りがちですがなんとか雨は降らない感じで撮影ができました
修学旅行生が1グループしかいないし、まだまだ空いてる!
IMG_4613_R3.jpgIMG_4619_R3.jpg

十円玉と比較、やるよね。
IMG_4622_R3.jpgIMG_4623_R3.jpg

ミュージアムを通って出てきたら晴れてきたのでもう一周していました。
後は門前町で抹茶そばを食べて宇治観光はおしまい
この後はノープランでしたが、宇治から京阪に乗ることにしました。椅子がお抹茶色!
IMG_4638_R3.jpgIMG_4650_R3.jpg

中書島駅で降りました。伏見桃山城が北東にあります
ただし今回の目的は…日本酒です!
IMG_4653_R3.jpgIMG_4659_R3.jpg

駅前商店街はちんまい感じ、少し歩くと伏見十石舟を見ながら酒蔵へ到着しました
そう、全国級の酒造、月桂冠です。
IMG_4664_R3.jpgIMG_4669_R3.jpg

月桂冠の資料館は入れませんでしたが、
アンケートからおすすめのお酒を予測するAIの実験が行われていたりと面白いことをしていました。
まだ学習中とのことで実際出てきた結果は「?」のものもありましたが、AIゆえこれから精度は上がるはず
歴史歴史と言うのも大事ですが、余裕のあるところは歴史の保全も技術の進化も両方できる
そんな事に気づけた酒蔵でした。他社から出戻りの社長親族が新たにTOP就任とのことですが、どうなるか。
IMG_4668_R3.jpg

その後は寺田屋を通ったり近くの和菓子屋でお土産を買ったりしながらぶらぶら歩きます
IMG_4680_R3.jpg

続いては黄桜酒造です!が、1枚めは出口なので北に周ってから入っています
IMG_4676_R3.jpgIMG_4688_R3.jpg

黄桜酒造では意外なお酒が黄桜酒造なのを知れました。
よく見るクラフトビール系がかなりの本数ここが醸造元だったんか!
ひと通り見て買ったら地ビールを頂きながら一休み。
基本的に休まず歩き続ける夫婦です。今日も食事と電車以外は歩き通しです
IMG_4690_R3.jpgIMG_4693_R3.jpg

飲み終わったら商店街へ。
伏見は他にも酒造は山程ありますが、今日は大御所の2つだけで済ませました
今日は歩きはそろそろおしまいにして飲みに行きます!
伏水酒造小路という所で利き酒セットがあるとの事なのでやってきました
IMG_4694_R3.jpgIMG_4695_R3.jpg

いつもの旅は自分が車の運転をするので酒は女房しか飲みませんが、
今回は二人とも電車で来たので一緒に酒を楽しめます。
屋内の雰囲気は飲み屋街かと思いきや、
粉ものやさんやラーメン屋さんなどいろいろな店が複合で入っています。
どの店もどこからでも店内配達可能とのことで、大規模食堂みたいなことになっていました
メニューが10ページくらいになっていて面白かった。
十八種の利き酒セットを頼んでちびちび飲みながら(女房は別で酒を飲みながらペースを合わせてくれている)
電車の時間に合わせてゆっくり飲み食いして、ほろ酔いながらに新幹線を取って家に帰りました
IMG_4698_R3.jpgIMG_4699_R3.jpg

こんな感じで5回GoToを利用して旅をしましたが、
基本的に新しい観光地の方が人が早くから戻っていたように思います
ウィルスに怯える中でキレイな建物のほうが清潔感感じるんですかね?
もちろん、超有名所では多少古かろうがもう関係ないと思うけどね。
今でも少し裏道や古い店を通れば、多分快適に歩けるのではと思います
マスクはしている人としていない人、色々いました。7月はしている人がほとんどでしたが行く度に減少傾向
国どころか国際機関が適当な事を言っているので誰も信用せず、皆が皆の基準で歩いている感じでした
何にせよ、コロナで空いている観光地をこうして堪能して、感染もしなかったのは何よりでした。
アルコール使った回数とか数えてらんね―!でも楽しかったよ!
というわけでおしまい
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ころふるのて

Author:ころふるのて
自分用のブログです。
読み易さなどはガン無視、画像多すぎ注意
自転車で愛知県岡崎市を中心に動く
県道国道の話が大半を占める
中華カーボンのクロスバイクはじめました
音ゲー畑でした(DDR、弐寺中心)
今はスマホでガルパくらい