fc2ブログ

記事一覧

夫婦でグルメライド…のついでに足助城見学

一人旅が大好きな性分なのでいつも1人で走りますが、たまには2人でサイクリングします。
普通のお出かけならいつもしてるんだけどね、1日運動ってなるとハードル上がるね
女房が最近通勤でそこそこチャリで走るようになったので、かなりペースが上がるようになっていました
ただ相変わらず上り1%で嫌がられます。どうしようもないんだけど…まあ県道39号位なら我慢してくれる
というか気分が乗ると自分よりスピード出せそうなので、
事情によりシッティングオンリーだけど実は登り速い説が自分の中にあります

まあでも夫婦で香嵐渓に来たらグルメするよねー
川安のうなぎ…はこの閑散期にも行列でいっぱいだったのでスルーしながら、
足助宿から一方通行の道をぶらり見て歩いてから…井筒亀で馬刺し!うなぎ!おそば!んまい!
IMG_5158_R2.jpgIMG_5159_R2.jpg
ちなみに赤い鳥居の裏の道が激坂というのは知っていたので少しだけ、R153まで登ってみました
中盤から20%以上余裕であったね!距離短いから登れちゃったけど

飯の後、まあこのまま帰ると自分は軽い、女房は長めのぶらり旅で終わるのだけど、
2人旅で慣れていない方に合わせっぱなしっていうのは自分よりも相手が気を使ってしまうもの。
なので女房には香嵐渓で観光してもらい、自分はサックリ激坂をもう一本登ってくることにしました。

井筒亀を出てからR420スタート直後の小さな登りを越えた落部駐車場の手前…
足助城への登り口へ!
IMG_5160_R2.jpg

主目的は足助城の見学です。
特にタイムを測るでもないので、昼食の井筒亀から測りっぱで走りました
分岐後もきついとか聞いたけど、やっぱりハイライトは前半のつづら折りだと思うね。
というか足助城行かないで普通に南に登ったほうがヒルクライム的には難易度高いんじゃないの?この短さ
IMG_5239.pngIMG_5240.png

・足助城への坂道

走りたてから11%くらいで登ります。というかすぐ14%くらいまで上がる。
でも21.2%はちょっと誤測定っぽいかな
超激坂は一旦立ちこぎして重心を確かめてからシッティングすると楽な気がする。
IMG_5162_R2.jpgIMG_5163_R2.jpg

一瞬10%位になった気がしてから第2ラウンド。17~19%を保ちながらキッツいつづら折りを曲がります
ちょうどあと700mとか書いてある…こんなんが700m続いたら流石に死ぬな!22.6%でした
IMG_5167_R2.jpgIMG_5170_R2.jpgIMG_5171_R2.jpg

その後も15%の辛いストレートに襲われ、「ヤバイなこれ越えれるかな」と不安になりだした頃。
家々を越えた辺りで少しづつ坂がゆるくなり始め、
立入禁止の目印が鳥居になっている可愛らしい区間に着くと傾斜は10%に和らぎます。
いや全然楽ではないんですが、激しく体力を消耗する区間は終わりました
IMG_5174_R2.jpgIMG_5178_R2.jpg

傾斜は7%も記録しながら足助城への分かれ道へ着きます
真っすぐ行ったほうが15%以上の坂が続いてそうで上りごたえ抜群な気がするね?
まあ今回の目的は足助城なので、開城日なのを確認しながら登りの続きです
IMG_5182_R2.jpgIMG_5183_R2.jpg

噂通り傾斜は再び急になります。14%くらい?数値上は15%が出ました
でもカーブを2つくらい曲がると足助城です。足が尽きる気配がする前に着いた…節約しすぎ?
息はしっかり上がっています。ホント短距離走。
IMG_5184_R2.jpgIMG_5188_R2.jpg

1kmで標高は145→271mまで上がりました。
平均12.5%くらいか、中盤があまりきつくないので序盤が特に、終盤も酷いことになっていました
でもアレックスリム君に変えてから坂があんまり怖くなくなったよ。下りの転がり悪いけどね
さて、あとは¥300払って足助城をぐるりと楽しんできます
IMG_5189_R2.jpg

・足助城
本名真弓山城。戦国時代の技術のまま作られたような山城が当時の雰囲気を感じさせてくれます
人は…自分含め合計10人くらいかな。0ではない
IMG_5190_R2.jpgIMG_5191_R2.jpg

今日は⑤西の丸腰曲輪⑥西の丸⑨西見物台が工事中のため逆走ピストンルートでした
なので、まずは東の橋を登りきって⑫北腰曲輪へ向かいます(ぐるわって変換できない…)
脇道を登りますが、すごく…上から矢やら色々降ってきそうです。左上には早々に物見台が見える
IMG_5192_R2.jpgIMG_5193_R2.jpg

坂自体はそこまで急ではないです。階段があるけど15%くらい?物が運べそうな傾斜。
硬い作りだとは思うんだけど、2000も3000もの兵に耐えられる所ではないよねえ。
ましてや1571年に25,000って信玄さんアンタ…
まあここは塩の道終盤でちょうど開けた地点、抜けたら南の岡崎へ一直線。場所が要所すぎたんだ…
現在のここは戦国時代そのままみたいな建物や土手ですが、階段や手すりなどはしっかり作ってあります
IMG_5194_R2.jpgIMG_5195_R2.jpg

大体登りきったら北腰曲輪です。
北東端にあるので、下に見えるのは県道33号・足助消防署とホテル百年草の辺り。
IMG_5197_R2.jpgIMG_5198_R2.jpg

景色を見終わったら建物を見るために西の本丸へ向かいます。
本丸って言ったら何階にもそびえ立つ天守閣がイメージされますが、
戦国時代はそんな物作る側から燃やされてたであろうことは想像に難くない。
岡崎城とかも当時はこんな感じだったんでしょう
手前が長屋、奥が高櫓です
IMG_5199_R2.jpgIMG_5200_R2.jpg

長屋はワンルームどころか一畳間が2つて感じの狭い空間でした。
住むというか…寝るだけ?倉庫説確かにある
本丸は西から入ります、丁度足助の町並みが一望できる地点から。戦略的に便利だよなあ狙ったよねこれ
IMG_5202_R2.jpgIMG_5203_R2.jpgIMG_5204_R2.jpg

ちょっとボロだけど足助の昔の道が載っている地図がありました。
鳳来寺道がさっき登った激坂経由だったり岡崎街道が中切町からの県道343号行きだったりと、
割と違う道を走っていたというのを知れたのは勉強になりました
IMG_5205_R2.jpg

高櫓の中は草履が置いてあったり、模型や鎧、火縄銃が展示してありました。
お城定番の急な梯子を登って2Fへ。
梅雨で蒸してるけど少し風が入ってきて涼しい、というか7月なのに30℃行ってないぞ?
景色は抜群です。高い低いで言うと低いけれど、足助の町並みが見渡せる。
IMG_5210_R2.jpgIMG_5213_R2.jpgIMG_5215_R2.jpgIMG_5217_R2.jpg

高櫓を出ると、順路はなくなりますが冒頭からずっと見えていた物見台に自然と足が向きます
ここ一帯の手入れをしてくれているおばさまとお話したりしながらでした。楽しそうに仕事してらしたよ
物見台はなんかドラマ映画アニメでよく見る見張り台!って感じの造り。
当時は南南東の鶏足城が見えたそうで(南下して登った先の鶏足城址だろう)、
連絡手段が少ない時代は向こうが見えるって重要だったんだろうなあ。
IMG_5221_R2.jpgIMG_5222_R2.jpgIMG_5223_R2.jpg

あとは南下して南の丸を見たら通行止めの関係上、逆走して帰ります。
ここは台所など、食に関係がある区画だったようです
IMG_5224_R2.jpgIMG_5225_R2.jpgIMG_5226_R2.jpgIMG_5228_R2.jpg

通行止め地点。奥に丸太が積まさっていて物理的に通れないー。
IMG_5230_R2.jpg

帰りは本丸までが登りで、あとはずっと下り。
城門近くのあじさいが綺麗…というか、7月頭で全然見れるのはホント涼しい季節だな今年。
IMG_5231_R2.jpgIMG_5232_R2.jpg

正門のタイルっぽい説明板。要所なせいで今川に松平(家康)に武田にと城主がコロコロ変わったそうな
足助城はまさに戦国時代を模した、リアルな城と言える所でした。
安全の為の近代設備も時代に配慮してあり、雰囲気ばっちし。
高台が多く「色んな所から狙われそう」な感じがありありと感じられる、
城の目的は敵を多く効率的に倒す為の陣地の発展形なんだなあという原点に立ち返られる良い所でした
とはいえ天守閣とかは豪華で見応えが別格なので、それはそれで良いものだとは思うけどね。
\300でこれなら十分楽しめました
IMG_5233_R2.jpg

あとは帰りに前半で22%を叩き出したつづら折りを一枚。おお、えぐいえぐい
さすがにこのレベルの超激坂を下るのは105のブレーキでも減速が大変でした
でも降りざるを得なかった村積山よりは劣るかな。多分足助城に行かず南下して登ったら評価は変わる
坂を登って観光してで1時間位。あとは香嵐渓で合流し、県道39号でまた帰りました
IMG_5234_R2.jpg

帰り途中に豆蔵で喫茶。また食ってるよこの夫婦…しかし最近は女房がダイエット成功中で元気
まあ珈琲が美味しいから…というのはもちろん(ここ有名店だし)だけど、
ここペーパードリップ(普通)とフレンチプレスで珈琲の淹れ方を選べるそうで。
いい機会なので飲み比べをしてみましたが、
ガッツリ苦味のくるペーパーとなめらかなフレンチで、同じ豆でも抽出の違いで舌触りが全く違う!
どっちが優れてるということではない、別物の味で楽しいカフェタイムでした
IMG_5237_R2.jpgIMG_5238_R2.jpg

楽しい旅でした。知った相手となら何したって楽しいよ
梅雨で雨ばかりで出かけられる日が少ないこの頃だけど、
まあなんだかんだであまり降らないし(前回のR153とか)
隙を見てまた遠出しようかなと企むこの頃なのでしたおわり
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ころふるのて

Author:ころふるのて
自分用のブログです。
読み易さなどはガン無視、画像多すぎ注意
自転車で愛知県岡崎市を中心に動く
県道国道の話が大半を占める
中華カーボンのクロスバイクはじめました
音ゲー畑でした(DDR、弐寺中心)
今はスマホでガルパくらい